ダイヤ買取のメリット

ダイヤモンドは非常に価値のある宝石として古くから珍重されてきましたが、資産として見た場合には金やプラチナの様な貴金属に比べて扱いにくいものであるという特徴がありました。

その理由としては金やプラチナの様な貴金属は溶かして固めると言う加工が可能であるという特徴があり、一定の質量に対して価値が見出されると言う特徴があります。

また国際市場での分かりやすい相場変動があることからも取り扱いが容易な資産の一種です。

一方ダイヤは重量では価値が決まらず、ダイヤの品質の評価基準である4Cによる評価とその時々の相場によって資産価値が決まると言う仕組みになっています。

重量で価値が決められないという特徴は資産価値がはっきりとは分からない状況を生み出すことにつながっていたのです。

しかし近年になってダイヤモンド買取が盛んに行われるようになってきました。

この買取サービスによって不要なダイヤをすぐにその時々の相場で現金化出来る様になったのは非常に大きなことです。

このことはダイヤを資産として持つ人にとって大きなメリットであると言えるでしょう。

目的はダイヤの買取ですので、宝飾品としての破損や劣化があってもダイヤに損傷が無ければ問題が無いという点もメリットであると言えます。

ルビーの中古下取り相場

ルビーのような色石の場合、ダイヤモンドとは違い、明確な品質評価基準が存在しません。

鑑別・査定する人の経験、好み、感性次第で評価が変わることが多く、結果として、査定価格もばらつきがあります。

ただ、ルビー買取店のジュエリーファンに関して言えば、ピジョンブラッドといわれる鳩の血のような、少し深みのある赤の色合いが最も好まれてきました。

したがって、ルビーを手放したい場合、どの程度ピジョンブラッドに近い色合いかが査定に大きく左右します。

またもちろん大きさやカットもあります。

さらにルビーのようなコランダム宝石には、スターといわれる星のような線が入ることがあり、スターが入っていると通常価値が上がります。

具体的な相場を見てみると、通常のルビーは1カラット8000円~400円と、やはり色味で大きく変動します。

スターが入っている場合は、1カラット10000円~500円と、若干通常のルビーより相場が上がりますが、これもまた幅が大きいです。

一つのお店に中古下取りを出して満足いく価格でない場合、数店は回って相場を確認するほうがよいでしょう。

それでも納得がいかない場合、お店ではなく、ネットで売るという方法もあります。

リスクはありますが、先述したように明確な品質評価基準がないため、ネットで相手がその石を気に入れば高く売れる可能性はあります。

ただ、逆に相場を大きく下回る恐れもあるので注意しましょう。